上大岡駅東口商店会
横浜市港南区上大岡東1-9-16(花ともだち大塚内) 
電話:045・846・1187
 
      上 大 岡・歴 史 よ も や ま 話
       
      上大岡に箱根があった?!


      著者紹介
       長谷川敏雄
       長年航空写真測量会社に勤務し地図作りに従事。現在港南歴史協議会に所属し郷土の歴史秘話を探して奮闘中。(港南区大久保に50年居住)
      コラムタイトル
       1.上大岡・地名の変還
       2.上大岡駅の場所は偶然だった
       3.上大岡のランドマークだった大見湯
       4.上大岡にあった陶器工場
       5.戦前上大岡にいた外国人
       6.上大岡に「箱根」?
       7.駅前新道の目的は市電の延長だった 
       8.商店のはしりだった公設市場
       9.洪水の常襲地だった上大岡
       10.軍需工場の社宅跡にヨーカ堂が
       11.上大岡を用水路が流れていた
       12.上大間にあった火葬場
        
       
      右写真で門松が飾られている上大岡駅舎のすぐ横の商店街入り口に「箱根通」と書かれた看板が掲げられていますが、皆さんどうして“上大岡に箱根”との疑問が湧いて来ませんか? 
      【上大岡駅の隣に「箱根通」の看板が?(昭和36年頃の上大岡駅前)】〔渡辺渥美氏撮影〕
      現在上大岡駅ビルを出て鎌倉街道の信号を渡った先に、「パサージュ上大岡」と云われるアーケード街へと続いていますが、これがその昔「箱根通」と呼ばれていた時代がありました。
      【上大岡駅から箱根通を通って「浜の箱根」へ】
      (昭和22年 米軍撮影航空写真より)
      戦後上大岡駅前ではバラック建ての店から始まった商店主が集まり、昭和22年に商店会を発足させる際に決定したのが「浜の箱根通り商栄会」でした。ではなぜ「箱根」の名称がついたのでしょうか?

      【「浜の箱根」と書かれている(京浜急行沿線案内パンプレット 昭和25年発行)】

      「浜の箱根」とは大岡川を挟んだ大久保にあった花街の通称名で、戦後急速に米兵や日本人で賑わっていました。しかし上大岡駅から花街へ通じる道は夜になると真っ暗となり、花街では何とか街路灯をつけたいと考え、街路灯の費用は全て花街持ちで、街路灯にはお金を出した花街の料亭名を入れ、さらに駅からの道を「浜の箱根通り」と名付ける事が条件に設置されたそうです。

      【戦後間もない頃の「浜の箱根」の街並み:料亭「叶家」「富久」の板塀が続く】

      「箱根通」の名称は昭和38年「上大岡中央商店街」に変更され、「箱根」の呼名も消えてしまいました。
      (※この年京急百貨店の前身の京浜百貨店が開店しました)

       
      上大岡駅東口商店会
      横浜市港南区上大岡西1-4-14(大島薬品内)   電話:045・845・4187
      Copyright 2014 上大岡駅東口商店会 All Rights Reserved.